Indigoheresian Blog +Plus

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

その先にあるのは自らが願う未来

 随分前にまきさんとこのブログで募集されていた無料リーディングの件で、結果を頂いていたのでトラバ+その後についてまとめてみました(遅くなってすみません&ありがとうございました)


 あなたは好奇心が旺盛で、オープンであっさりしている性格の方のように感じました。そのためか、周囲の人は、あなたに対して「すき」と「苦手」がはっきりしているようです。
 あなた自身は、相手に苦手意識を持たれていても精神的に参ってしまうということはあまりないようですが、ただ、嫉妬や妬みからあらぬ噂や中傷をうけることがあるのでは……と感じました。
 あなたを苦手な方は昔からのご友人ではなく、もう少し、浅い関係のお友達(職場か、趣味の集まりの場)にいらっしゃるように感じます。
 もし、どうしてもこのような方にお会いにならなければならないときは、この方たちに対しては、あまりドライ過ぎないように気をつけたほうがいいかと思います。
 でも、あなたのことを理解し、好意を持ってくれる仲間のほうが、断然多いですよ。

 お仕事に関してですが、今の職場は、今のあなたに合わなくなりつつあるようです。
 あなたに合うお仕事のキーワードは「オープン」です。
 野外でのお仕事や、頭でいろいろと細かく考えるよりは、体を使うところや、職場環境がオープンな感じのところ。または、オープンな方たちが働いている職場。あるいは、世の中の人々に対して「オープン」なもの(みんなが知っているもの・こととか、どんな人でもアクセスできるところって感じでしょうか)。

 ソウルメイトの方と直接会えるかということについてですが、心の準備さえできれば、いつでも会えそうです。が、心の隅っこのところで、「会った後の展開がどうなるかわからなくて怖い」という小さな不安があるようで、それが、ちいさいけれどブロックになっているように感じました。

 一般に言われている知識だけを取り入れるのではなく、ご自分自身の「ソウルメイトとは」という定義が必要なのかもしれません。
 そのあたりの整理がつくと、会った後に対する不安もなくなるかと思います。

 その時期は、早くて、今年の夏くらいかと思います。

 そして最後にメッセージをいただきました。

*** **** ***

あなたの歩んでいる道は、
まっすぐに目的地へと伸びています。

自分の直感に従うことが、
目的地への最短距離を行くことになるのも、
もう、あなたは気付いていますね。

*** **** ***

 
 と、いうわけで2008年末現在の自分ですが。

 人間関係……身近なとこというのが意外っちゃあ意外なんですが、職場でも嫌いとまではいかないのですが、時々衝突する人がいたりするんですよ~。
 これはうちの元々の性格が要因(好き嫌いがはっきりしているとこ)しているのもあります。
 あまり気にせずお付き合いができればいいのですけどねー。

 でもって現在の職場……今の現状および立場からしてこの先かなり不安になってはいるので、なんらかの形で転職(というか独立?)したいんですが、そうなるとゼロからのスタートになるかなーって。
 自分の好きなことを仕事としてやってみたいとは思うので、まずはその準備に取り掛かろうかと……2009年の年明けが過ぎてからになりますが。

 ソウルメイトの件ですが、実はあと少しのところまできているんですよ<会いたい人。
 ここに来て突然機会が巡ってきたので、あとは向こうのスケジュール次第です。

 『定義』についてですが、先月の倉敷での風の人と対面後にいろいろとあって、以前とはまた違う形で気づきを得ることができたので、その会いたい人に会えたら自分の気持ちをきちんと伝えようと思います。

 まきさん本当にありがとうございました~。
スポンサーサイト
    01:00 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
プロフィール

Shieru

Author:Shieru
 こちらはしえるのサイトIndigo heresianのブログ(分家)でございます。

 はじめてこのブログに来られた方は、こちらを読まれてから、このブログをお読み下さい。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。